海外のコンセント事情|海外出張でパソコンを使うには?

2aeb4b98e611dbe3869e303ae5f6dc8a_s

日本と海外では、電源の電圧とコンセントの形状が異なります。

 

そのため、日本の電化製品をそのまま海外で使用すると、壊れたり発火する可能性があります。

 

日本の電圧は100V(100 ボルト)です。南北アメリカは120V、ヨーロッパでは220V~240Vが主流です。

 

その他の国でも110~120V、220~240Vが多いです。

 

ちなみに、英語圏の国でアメリカ、カナダは120V、イギリスは240V、オーストラリアは240Vとなっています。

 

 

海外対応していない電化製品を海外で使う場合は、変圧器が必要です。

 

パソコンに対応する電圧はパソコン本体の製品仕様欄かAC アダプターに記載してあります。100V専用であれば、変圧器が必要です。

 

コンセントは日本は平べったい板2本の形状です。アメリカやカナダも同様です。ヨーロッパは丸い棒2本の形状が多いです。

 

形状は世界で9タイプあります。

 

コンセントの形状が違う国でパソコンなど家電製品を使う場合は、コンセントの形状を変換してくれるプラグが必要です。

変圧器や変換プラグは家電量販店やインターネットの家電の通販ショップで購入できます。

 

海外にパソコンを持って行って、使えなかったということにならないように、日本で、行先の電圧と、プラグの形状を調べて、行ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です