海外への現金持ち出しはいくらまで?その額以上はどうなる?

88cac208472fab9ac464161c82625094_s

 

日本から海外への現金持ち出しは、免税で100万円まで、それ以上は申告が必要となります。

申告が必要ではありますが、申告さえすれば一般的にはいくらでも持ち出しすることが可能です。

 

しかし、問題は渡航先の入国時です。

 

国により現金の持ち込み制限があります。

 

日本円で免税の100万円以内でも渡航先の制限がそれより低く設定されている場合は、もちろん申告が必要です。

 

例えば中国は外貨の持ち込みがUSD5000以内=約50万円(100円換算)のため、100万円を日本から免税で持ち出せても、中国入国時には申告が必要なります。

申告しなかった場合の対応は国によってさまざまで、即没収の国もあれば、申告をすれば通してくれる国もあれば、罰金となる国もあります。

 

その他に注意が必要なのは、お札だけが対象ではなく、トラベラーズチェックやコイン、身に着けているアクセサリーや時計などの貴金属も含んだ額が持ち込み申告額となることです。

 

これも各国での対応がことなるため、海外渡航前は予め調べた方がよいでしょう。

 

多額の現金を海外渡航時に持ち歩くのは、一切の保証がないため、通関時のトラブル、盗難などの危険性があるため、現金ではなくトラベラーズチェックや銀行口座送金などの安全な方法を利用することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です