ちょっと気になる…海外でのパケットし放題の扱い

e42e10235463ef573d0e789f44adc97f_s

 

海外旅行に行く際、現地でもスマートフォンを使用したいと考えるのではないでしょうか。

 

パケットし放題の契約をしているので、海外にいてもいくらでもインターネットを利用できると考えている人が少なくありません。

 

しかし、それは正しくありません。

 

パケットし放題はあくまでも国内での使用を想定したものだからです。

 

国外でインターネットを無制限に使用したい場合は、国外用のパケットし放題を使わなければなりません。

 

海外パケットし放題は特別な申込を行わなくても利用できます。

 

国内より割高で一日当たり2000円ほどかかりますが、国外でどれだけパケット通信をしても定額なので安心です。

 

ネットサーフォンやメールなどを国内と同じように利用したい人にとっては、ありがたいサービスであるといえます。

 

ただし、注意しなければならないこともあります。

 

使用時間が日本時間で計算されるということです。

 

そのため現地時間では1日しか使用していない場合でも、日本時間で計算して2日分の料金を請求される場合もあります。

また海外パケットし放題に切り替わったことに気付かずに、何日も使い続けてると困ったことになるでしょう。

 

後から多額の請求が来てしまう可能性があるからです。

海外のコンセント事情|海外出張でパソコンを使うには?

2aeb4b98e611dbe3869e303ae5f6dc8a_s

日本と海外では、電源の電圧とコンセントの形状が異なります。

 

そのため、日本の電化製品をそのまま海外で使用すると、壊れたり発火する可能性があります。

 

日本の電圧は100V(100 ボルト)です。南北アメリカは120V、ヨーロッパでは220V~240Vが主流です。

 

その他の国でも110~120V、220~240Vが多いです。

 

ちなみに、英語圏の国でアメリカ、カナダは120V、イギリスは240V、オーストラリアは240Vとなっています。

 

 

海外対応していない電化製品を海外で使う場合は、変圧器が必要です。

 

パソコンに対応する電圧はパソコン本体の製品仕様欄かAC アダプターに記載してあります。100V専用であれば、変圧器が必要です。

 

コンセントは日本は平べったい板2本の形状です。アメリカやカナダも同様です。ヨーロッパは丸い棒2本の形状が多いです。

 

形状は世界で9タイプあります。

 

コンセントの形状が違う国でパソコンなど家電製品を使う場合は、コンセントの形状を変換してくれるプラグが必要です。

変圧器や変換プラグは家電量販店やインターネットの家電の通販ショップで購入できます。

 

海外にパソコンを持って行って、使えなかったということにならないように、日本で、行先の電圧と、プラグの形状を調べて、行ってくださいね。

海外でもラインは問題なく使える?各国の使用状況

a2f1a31db679dc7ff125d2bb501f0304_s

 

ラインは海外でも、インターネット接続環境にあれば、利用することができます。

 

但し、中国では通常の使い方では利用できず、VPNを通じたアクセスでは使用することができるようです。

 

最も簡単な海外インターネット接続は、日本で海外ポケットWIFIを借りることです。

 

設定を出発前に日本語ででき、今使っているスマホやタブレットをそのまま使用することができるからです。

 

また最近はフリーWIFIが各国で普及しており、シンガポールや台北、香港などの都市では地下鉄やバス、街中でもWIFIが利用できます。

 

この手続きは観光案内所で申し込みする必要がある国もあります。

その他、カフェやコンビニでもWIFIが飛んでおり無料で利用できます。

 

但し、フリーWIFIは不正アクセスやウイルスに感染する可能性があるため、自己責任でアクセスする必要があります。

 

ラインは台湾、タイでメッセージアプリのダウンロード数が一位で非常に普及しております。

 

各国の独自サービスとして、その国限定のスタンプがあります。

これはその国で接続したときのみゲットすることができるので、旅行に行ったお土産に限定スタンプを手に入れるのも面白いです。

 

海外で友達ができた場合、台湾やタイではラインIDを交換すればメッセージのやり取りができますが、その他の国ではラインが普及していないため、FBメッセンジャーが便利かもしれません。

 

中国はラインもメッセンジャーも使えないためWeChatなどを利用する必要がでてきます。

30代が持つのにおすすめなゴールドカードとは?

私自身、「起業」することが夢でした。当時の私の「起業」とは、軌道に乗るくらいの収益を得て、「会社」を作ることでした。しかし、「起業」は、「計画」でも「目標」でもなく、「夢」、いや単なる”あこがれ”でした。起業セミナーに行っては、「事業計画書を書きなさい」と言われ、事業計画書を書けるように勉強しましたが、結局、1度も、事業計画書を立てることはできませんでした。さらに、世の中の成功本には、「目標を立てなさい」と書いてありました。そこには「目標はSMARTで立てなさい」とありました。SMARTとは、下記の頭文字を取ったものです。 Specific・・・具体的であるMeasurable・・・計測ができるAgreed upon・・・同意しているRealistic・・・現実的であるTimely・・・期限が明確しかし、私は、SMARTな目標を立てることができませんでした。SMARTな目標ができなかったので、仕方なしに「6ヶ月以内に月収100万円」などと書きました。しかし、期限が来てもまったく達成されず、そのまた先も達成されず、・・・、その繰り返しで、次第に自己嫌悪感にすらなっていきました。当時、メルマガが流行っていて、メルマガを発行するといいと教えてもらいました。しかし、メルマガの発行申請をしては審査に落ち、発行申請をしては審査に落ちで、「自分が否定された」と勘違いして、3ヶ月程度何もやる気をなくすということを、何度も繰り返していました。しかし、あるたった一言をキッカケに私の人生はみるみる変わり、2007年6月、私の夢であった「起業」は叶いました。それが、この会社、株式会社オレンジスピリッツです。はじめての会社名は、とても迷いました。なかなかよい名前が出てこず、数ヶ月悩みましたが、会社を作る前には、決めていました。「太陽のように与えられる存在」という思いを込め、「太陽色の魂」=「オレンジスピリッツ」です。その後、講師や出版など、小さな夢が次第に叶うようになっていきました。まさか自分が月収100万円を達成できるなんて思ってもいませんでしたし、まさか人前で話すことが大の苦手だった私が、100名以上の前で講師をする日が来るなんて思いもしませんでしたし、出版も「50才ぐりでできたらいいな」と思っていました。さらには、住みたいとすら思ったことがなかったこともあり、まさか自分が六本木ヒルズに住むことになるとなんて思いもしませんでしたが、ひょんなキッカケで、六本木ヒルズに住むことになり、2年感を過ごしました。その後、マレーシアに引っ越し、1年を過ごしました。何をやってもダメだった、うまくいかなかった私にとっては、想像すらしていなかったことが、次々と「現実化」していきました。その後、はじめて起業したいと思ってから8年も初売上をあげられなかった私は、当時の私と同じように、「何をしてよいかわからない」「どうやればよいかわからない」と苦しんでいる人がいるはずだと、スモールビジネスのスクールをはじめました。はじめは、たった18人からスタートしました。そして、それが今では、のべ2000名を超えました。